[自転車横断帯No.00] 単なる横断なら自転車横断帯を通りましょう

前回の記事で「自転車横断帯は通らなくてもよい」みたいなことを言っておきながら、その舌の根も乾かぬうちに、「自転車横断帯を通れ」とは、一体何事だ!
・・・というお叱りを頂きそうなタイトルですが(汗)。

前回の記事で取り上げましたのは、交差点で交差道路を横断するときの話でございまして、今回書きますのは、交差点ではない所で道路を横断するときの話でございます。
例えば、道路の反対側にあるコンビニに入るために、今通ってる道路を横断する・・・みたいな場合ですね。


こんな感じを想定してます。

この場合に適用される道路交通法の条文は、前回ご紹介しました第63条の7ではなく、第63条の6になります。

--------------------
道路交通法第63条の6(自転車の横断の方法)
自転車は、道路を横断しようとするときは、自転車横断帯がある場所の付近においては、その自転車横断帯によつて道路を横断しなければならない。
--------------------

上の想定図でいいますと、本当はコンビニの真ん前で横断したいのだけれど、その「付近」に自転車横断帯があるので、自転車横断帯を通って横断しなければならないわけでございます。
ちなみに、ここでいう「付近」とは、裁判例等に照らせば[*1]、概ね30メートル以内ということになっておるようです。

自転車で30メートルというと、上り坂でもない限り、それこそ一漕ぎで到達できるような距離であります。
あまり説教めいたことを言うのは好きくないのですが、まぁ、面倒くさがらずに、自転車横断帯まで行きましょうね。

それに、自転車横断帯を通ると、それなりのメリットも自転車側にもたらされます。
そのメリットとは、自転車横断帯を通行する自転車は、道路を通っている他の車両よりも、通行の優先順位が高まるということであります。
車両は、自転車横断帯を通行している自転車があれば、その通行(横断)を妨害してはならないことになっており(道路交通法第38条)、極端なことを申しますと、自動車がすぐそこまで迫って来ている状況で横断を開始しても、故意に通行妨害を行おうとした場合など悪質なケースを除けば、少なくとも法律上は何ら問題のない行為[*2]であるのです。

また、自転車横断帯を横断中に、万一自動車との事故に遭ってしまったとしても、自転車側に課される過失割合は基本的に5〜10%程度[*3]。
法律上のリスクとして、実に20〜25%もの軽減が図れることとなるのです。

というわけで、正しいコンビニの入り方(というか自転車横断帯通行)の例でございます。



・・・ところで、ここで一つ気を付けてもらいたいことがございます。
それは、一見自転車横断帯のように見えて、実は自転車横断帯ではないというものが、世の中にございます。
しかも、その「エセ自転車横断帯」とでも表すべきものは、けっこうな割合で存在します。

その典型的な例が、これでございます。


(拙記事「アホな自転車横断帯が改善されたが・・・」から引用)

上の写真のエセ自転車横断帯は、法令[*4]が定めた自転車横断帯の様式にとはなっておりませんので、自転車横断帯としての効力を有しません。

(参考:法令上の自転車横断帯の様式)


ですので、30メートル以内にこのようなものがあっても、わざわざそこまで行く必要はありません。
さらに、万一このエセ自転車横断帯を通って横断中に、自動車との交通事故に遭ってしまうと、何しろそこは自転車横断帯ではありませんので、過失割合の軽減がなされない恐れすらございます。
いやはや、まったく良いこと無しでありますね。
こんな市民を惑わすものを設置しちゃう行政にも、困ったものでございます・・・。


なお、自転車横断帯は通らなくても良いなる記事、かなりの長丁場になりそうでございますので、関連記事には冒頭に[自転車横断帯No.##]と記すことにしました。
ただ、本記事は「通れ」という内容のものですので、番号は番外編的に「00」に致しました次第です。



*1 裁判例に照らせば
法律制定時の国会議事録によれば、警察庁は50メートル以内と考えていたようですが、裁判例では、40メートルでも「付近とは言えない」と判断されています。

*2 法律上は何ら問題のない行為
・・・とは言いつつも、事故になると何かと面倒な上、マナー的にもあれですので、自転車横断帯であっても、安全確認されることをお勧めします。

*3 基本的に0〜5%程度
民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準【254】

*4 法令
「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」のことをいいます。

自転車横断帯は通らなくても良い・・・という記事を書きたい

「記事を書きたい」という記事も何だか変ですが・・・。

実は、1年ほど前から、次のようなことを研究(?)致しておりました。


 車道を通行する自転車は、
 交差点の辺り[*1]に設けられた自転車横断帯を、
 通行する義務はあるのか?


おそらくこの問題は、普段から車道を通行している自転車利用者の多くが疑問に感じていらっしゃることでしょう。

交差点における自転車横断帯通行義務は、道路交通法第63条の7第1項において、次のように定められております。
--------------------
(交差点における自転車の通行方法)
第63条の7 自転車は、前条に規定するもののほか交差点を通行しようとする場合において、当該交差点又はその付近に自転車横断帯があるときは、第17条第4項並びに第34条第1項及び第3項の規定にかかわらず、当該自転車横断帯を進行しなければならない。
--------------------
そしてこの規定は、守ればかえって危ないということで「悪法だ!」と非難の的とされております。

しかし私は、「いや・・・この規定のままで、自転車横断帯を通らずとも済むのではないか?」と、疑問に感じたわけでございます。
そして、様々な文献をあさり、実際の自転車横断帯設置状況を観察し、昨年末頃、次の結論に至りました。


 交差点の辺り[*1]に設けられた自転車横断帯は、
 その多くが[*2]、
 車道通行自転車に対し、
 通行義務の効力を有しない。


おお! 車道を通行する自転車利用者にとっては、朗報ではございませんか!
・・・しかし、疑問と回答とで、何だか少し表現が異なってますね(笑)。


細かいことはともかくとして、せっかく良い結論に至ったことですし、この吉報を記事にせねばと考えておるところではございますが・・・どう書けばすっきり分かりやすいものとなるかに、思案しているところでございまして・・・なかなか筆が進まない状況にございます(汗)。
ただ、うだうだと考えているだけでは埒があきませんので、自分を奮起させるために、本日こうして「記事を書きたい」なる記事を書いた次第でございます(笑)。
そうは言いつつも、本当に書き始めるのは一体いつになることやら、何とも言えないところでございますが・・・。


ちなみに、本件は道路交通法関連の事項のように思われるかもしれませんが、実際のところは道路交通行政の問題でありますので、カテゴリーは「行政施策」に致しました。
まぁ、要は行政による自転車横断帯の設置がアレなので、通行義務が生じないことになってしまっている・・・という話なわけでございまして(笑)。
--------------------
カテゴリーは、分かりやすいように、「自転車横断帯」というものを新設しました。(2012.1.12)
--------------------



*1 の辺り
道路交通法第63条の7第1項にある「付近」とは異なります。
どう異なるかを説明し出すと、長くなりますので、詳細は後の記事にて・・・。

*2 その多くが
世の中には、車道通行自転車に対しちゃんと通行義務の効力を有する自転車横断帯も存在します。

<< | 2/2PAGES |

CALENDAR

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

SELECTED ENTRIES

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

RECENT COMMENTS


公益社団法人自転車道路交通法研究会 [JABLaw]

  • 公益社団法人自転車道路交通法研究会

JABLaw運営サイト

法務専門部会運営サイト

その他の関連サイト