「新公益法人制度の申請に係る相談員」になる。

私事ですが・・・と言いますか、このブログは私事ばかりではありますが、私この度、内閣府の「新公益法人制度の申請に係る相談員」になりました。(現段階で「なりました」と言えるのかはよく分かりませんが。)


先月下旬頃、何気なく公益法人informationを見てましたら、標記の相談員の募集についての記事を見つけまして、まぁせっかくJABLaw公益認定申請をはじめそれなりに経験がありますもので、ものは試しと半ば興味本位で応募してみましたところ・・・なんか採用(?)されちゃったようです。

ちなみに、話によりますと、応募者の大半(と言うか全員?)が相談員に採用された模様でございます。
ですので、別に私の実績とかそういったのが評価されたということは全くないようです(笑)。


なお、この相談員の募集については、日本弁護士連合会(通称 日弁連)が会員向けに「弁護士対象」と銘打って広報してましたので、周りは弁護士だらけな事態(!)も予測されますものの、とりあえず経験だけはそれほど負けていないと思いますので、気後れすることなく、公益法人制度の普及に貢献できるよう努めたいと思います。

異動届提出 - 公益社団法人移行最後の手続 -

さて、JABLawも先般無事に公益社団法人への移行が完了したわけですが、しかしまだ手続が終わったわけではありません。
一般社団法人が公益社団法人に移行すると、法人税法における法人区分も変更となりますので、その旨を届け出る「異動届」という手続を行わなければならないわけでございます。

そんなわけで、今日はJABLawの名称変更登記の完了日でもありますことですし、登記事項証明書を取りに行ったついでに、都税事務所と市役所の法人税担当窓口に行ってきました。
うーん、これでようやく一段落。
・・・と言いつつ、来月にはもう法人住民税の申告&免除申請の時期となってしまうのですが(汗)。

ところでJABLawは、どうやらここ八王子市では公益認定第1号のようでございます。
そのためか、各窓口では(先般の登記申請の際の法務局も含め)手続に若干のしどろもどろさが生じておりました。
うーん、どうも新しい制度ができると、各所の行政窓口もその対応になかなか苦労するようでございます。

[公益認定申請] ついに公益社団法人となる

さてさて、我らがJABLawも、ついに公益社団法人となり、公益法人の仲間入りを果たしました!

「公益法人」・・・うーん、この胡散臭い響きが何とも言えません(笑)。


実は、このところブログでのご報告サボり気味でございましたが、今週頭の3月1日、内閣府から公益認定相当との答申が出た旨の連絡があり、さらに昨日、認定書の発送について連絡を頂いていたのでございました。
そして本日昼過ぎ頃、いよいよ認定書が届きましたのはいいのですが・・・最近いろいろと忙しくて公益社団法人への移行に関する登記申請書類を準備しておりませんでして・・・昼過ぎから慌てて作成して、何とか法務局の閉庁ちょっと前に申請書類を投げ込むことができました。

で、さっき念のため書類に添付した「登記すべき事項」のファイルを確認してみましたところ・・・あちゃー、2箇所ほどケアレスミスな打ち間違えが!
いやはや、もう1回法務局に足を運ぶこととなっちゃいそうです(汗)。


まぁ、何はともあれこれで本日付をもって公益社団法人への移行完了と相成ります。
しかしこの後も、登記簿が上がってきたら税務関係で異動届の手続を行って、一般社団法人時代の決算の〆をやって・・・などなど、いろいろと手続が目白押しです。
気を抜かずに頑張っていかないとですね!

[公益認定申請] 公益認定等委員会に諮問される

JABLawの公益認定申請は、昨日書類の最終確認を行ったところではありますが、明けて今日、公益認定等委員会から、公益認定等委員会に諮問の手続を行ったとの連絡が入りました(←微妙にややこしい表現だな・・・)。

内閣府は、諮問から答申まで1週間しかかかっていないケースもありますので、こいつは予想より早く公益認定になるかも? みたいな淡い期待を抱いちゃったりしちゃって(笑)。


ちなみに、諮問の手続の連絡を頂きました際に、次のような質問を受けました。

「何か、公益認定日は何月何日がいいとかそういった『こだわり』はございますか?」

・・・いやぁ、別に早ければ早いほうが嬉しいだけで、特にこだわりは全くないなぁ。

何でも、話によると、公益認定日を境にいったん決算を〆ないといけない関係上、認定日が月初めとなった方が助かるという法人もあるそうで。
その点ですと、JABLawの場合、お金の出入りがほとんどありませんので、特にどういったタイミングで〆が来ても困りませんからねぇ。

[公益認定申請] 公益認定申請いよいよ最終段階に!?

さて、2月18日から1週間弱、ちょいと野暮用で茨城空港の向かい側に行っておりましたが、昨日帰ってきてメールを確認しましたところ、内閣府公益認定等委員会から、待ちに待った提出書類確認依頼の連絡が来ておりました。

うーん、待ってました!


この手続は、公益認定申請において提出した書類をウェブ上で最終確認するものなのですが、この確認を終えれば、いよいよ委員会への諮問へと手続が進んでいきます。
いよいよ公益認定目前となったわけでございます。

しかし、ここで油断してはいけません。
諮問前であれば、書類の補正は可能ではありますが、ひとたび委員会に上程されましたならば、以後は一切の補正ができなくなってしまいます。
まさにこれは航空機で言うところの「Last Chance」、引き返すことのできる最後の機会となります。
ここは逸る気持ちをぐっと抑え、慎重にも慎重を期しつつ書類を一つ一つ確認していきます。

・・・・
・・・・
・・・・(うーん、書類が多くて段々面倒くさくなってきた。)

いかんいかん。ここで手を抜いちゃいかん。
起きろ、起きるんだ!


・・・・
かくして、1時間半くらいかけて書類チェックも終了し、「まぁたぶんこんなもんだろう。」という若干頼りなさを含有する自信の基、「確認」ボタンをポチり、JABLawの公益認定申請手続は一段落を迎えたことでありました。

ちなみに、Last Chanceのボタンをポチると、公益認定等委員会のウェブサイト上では、こんな風に進捗状況が表示されます。



そのようなわけで、去年の9月1日に公益認定申請を行ってからおよそ半年が過ぎましたが、ついに「結果待ち!」の状態にまでこぎ着けました。
めでたく公益認定となりました暁には、またいろいろと煩雑な手続が待っておりますものの、より公益に資することができるよう張り切って参りたいと思う次第でございます。

<< | 2/4PAGES | >>

CALENDAR

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

SELECTED ENTRIES

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

RECENT COMMENTS


公益社団法人自転車道路交通法研究会 [JABLaw]

  • 公益社団法人自転車道路交通法研究会

JABLaw運営サイト

法務専門部会運営サイト

その他の関連サイト