ヘルメットが壊れた

今日、平素から愛用しているヘルメットの、調整ベルトとでもいうのでしょうか、頭にフィットさせる機構の部分がついに動かなくなってしまいました。

・・・いや、正確にいいますと、締める方向には動くのですが、緩める方向には動かなくなってしまいました。



自転車の場合、法令上ヘルメットの着用義務はございませんものの、やはり場合によっては命に関わるものですので、早速分解して修理を試みます。
ちなみに、私の使っているヘルメットは、後部のパッドを外すと、該当する箇所のネジにアプローチできます。



・・・しかし、結局のところうまく直りませんでした(汗)。

しょうがありませんので、内部のピンを折って締める方向にも動かないようにし、ベルトを自分の頭にフィットする位置に調節した上で、ネジを締め付け固定することにしました。
めでたしめでたし(笑)

チューブの重さの違いの影響度

昨日、チューブを交換しました。
重さ55gのチューブを外し、スペアで持っていた80gのチューブを履かせたのですが、さきほどちょっと走らせてみましたところ・・・


「うーん、違いが分からない。」


やはり、私ごときでは、この程度の重さの違いは走りに全く影響しないようです(笑)。

パンクした

今日、自転車走行中に初めてパンクしました。

パンクと言っても、バルブの所から空気が漏れた、割とスローなパンクでしたので、全く危険な目に遭わずに済んだのですが、いやぁこういう時に限ってスペアチューブを持ってきていない・・・。
しかも、歩いて帰るには少々距離が長いので、こいつはしょうがないとばかりに、女子部長殿にサポートカーをお願いして、事なきを得ました。
(パンクしたのが幸いそば屋の近くだったので、ついでにそば食べてきました。うーん、うまかった!)


ちなみに、パンク原因は、バルブコアがいかれてしまったことのようです。
今履いているチューブ、何度もバルブコア増し締めしていたせいか、とうとう逝ってしまわれたようです。

で、今回パンクしたのは前輪の方なのですが、後輪もけっこう似たような状況にあるので、信頼性交換ということで念のため両方ともチューブ交換したいと思います。


あ、今持っているスペアチューブは、同じVittoriaのやつだ・・・(汗)。

バルブコア増し締めでエアー抜け対策

さて、先般導入した「Vittoria Evo 55g」ですが、噂で耳に致しておりましたとおり、けっこう空気圧が下がるのが早いです。
交換当初は、2日で1気圧くらい下がるような感じでした。
交換前に履いていた完成車デフォルトチューブは、1週間で1気圧低下くらいでしたので、けっこうな低下率です。
さすがは「決戦用チューブ」と呼ばれるだけのことはあります。(そんなチューブを普段履きしている私はいったい・・・)
でも、まぁ、これくらいでしたら、どうせ乗るたびに空気を入れてますので、どうってことはありません。

続きを読む >>

熊よけ鈴をインストール

私がよく行く和田峠という所には、どうもイノシシが生息しているらしい(実際ウリボウはよく見かける)上に、地理的には熊が出ても不思議ではないので、そういったのに出くわすリスクを少しでも低減させようと、自転車に熊よけ鈴を付けることにしました。

続きを読む >>

<< | 2/3PAGES | >>

CALENDAR

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SELECTED ENTRIES

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

RECENT COMMENTS


公益社団法人自転車道路交通法研究会 [JABLaw]

  • 公益社団法人自転車道路交通法研究会

JABLaw運営サイト

法務専門部会運営サイト

その他の関連サイト