『6月1日から自転車の罰則強化!』はウソ(自転車運転者講習制度の誤情報3)

何やら、6月1日から自転車の交通違反についても罰則が強化されるみたいな情報も出回っているようです。
例えば、「6月1日から自転車も信号無視などの14項目の違反については赤切符が切られるようになる」みたいな情報なのですが・・・
・・・これも、明らかな誤情報であります。

そもそも、自転車の信号無視などの「危険行為」に該当する道路交通法違反行為、以前から罰則規定が存在しており、とっくの昔から赤切符交付対象です。
また実際のところでも、以前から自転車にも赤切符が切られております[*1]。
そのようなわけで、「6月1日までは赤切符切られないから、違反するなら今のうちだ!」・・・みたいなことを考える方はいないとは思いますが・・・そのような考えはくれぐれもお持ちにならないよう、お気をつけください。

なお、赤切符が切られるのは、何も14項目の「危険行為」だけではありません。
「危険行為」に該当しないものでも、大半の違反行為には罰則がありますので、自転車でも、また6月1日以前でも、交通違反で摘発される場合には、赤切符が切られることとなります。
例えば、次のような行為は「危険行為」の対象外ではありますが、罰則規定があるため、摘発は赤切符をもって行われます。

・無灯火
・踏切の一時停止違反
・駐停車違反(放置自転車など)

そのようなわけで、「14項目以外は赤切符じゃないから違反し放題だ」・・・みたいなことを考える方はいないとは思いますが・・・そのような考えはくれぐれもお持ちにならないよう、お気をつけください。

あと、講習受講命令そのものを「罰則」として、罰則強化としている情報もあるのですが・・・そもそも講習は「罰」ではありません(笑)。
受講料5,700円(標準)を、間違って反則金のようなものと勘違いしてしまったからかもしれませんが、講習はあくまで講習です。
先にご紹介した、『自転車にも青切符』や『講習を受ければ罰金は免除』みたいな誤情報も、ひょっとしらら、こういった勘違いから生まれてしまったのかもしれませんね(笑)。


*1 以前から自転車にも赤切符が切られております
具体的に申せば、平成26年度には8千件以上にのぼる赤切符が切られております。

<< 『講習を受ければ罰金は免除!』はウソ(自転車運転者講習制度の誤情報2) | Main | 『講習制度により刑事手続を行わずに済む』はウソ(自転車運転者講習制度の誤情報4) >>

コメント

コメントする

(コメントはすぐには表示に反映されません。)





トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.jablaw.org/trackback/1074845

CALENDAR

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SELECTED ENTRIES

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

RECENT COMMENTS


公益社団法人自転車道路交通法研究会 [JABLaw]

  • 公益社団法人自転車道路交通法研究会

JABLaw運営サイト

法務専門部会運営サイト

その他の関連サイト