JABLaw交通安全ビデオ - 歩道の“自転車レーン”は歩行者がいなくても「徐行」!

本日、JABLaw自転車交通安全ビデオ第13弾であり、「JABLaw交通安全ビデオ - 歩道の“自転車レーン”は歩行者がいなくても『徐行』!」を公開いたしました!



公式(?)サイト
>> 歩道の“自転車レーン”は歩行者がいなくても「徐行」!

近年、自転車レーンのような表示のある歩道が増えつつありますが、このような表示があっても、そこはただの(自転車通行可の)歩道に過ぎません。
そのため、このような歩道を自転車で通るときは、歩行者がいなくとも、必ず徐行をしなければなりません。
なお、道路にこのような歩道があっても、「車道が原則」に変わりはなく、車道を通行しても何ら問題ありません。
自転車レーンっぽい表示に惑わされず、ルールに従った適切な通行をお願い致します。

<< 自転車交通安全ビデオ撮影・・・歩道の自転車レーン(!)の通り方 | Main | 【パブコメ】自転車運転者講習の受講命令の対象となる『危険行為』の中身 >>

コメント

「歩道の自転車レーン」とお書きの部分は、道交法第六十三条の四の2の「普通自転車通行指定部分」のことかと思います。そうだとしたら、その部分を通行し、又は通行しようとする歩行者がない場合は、普通自転車は徐行する必要は無いと思いますがいかがでしょうか?
「自転車レーン」の定義がよくわかりません。もし自転車道の事であれば、それは普通自転車通行指定部分とは全く異なるものです。
ご確認いただければ幸いです。

24番様

これは勘違いされる方が多いポイントになるのですが、ビデオに出てくる歩道にある表示は、ビデオ内(10秒前後のあたり)でも言及しておりますとおり、普通自転車通行指定部分の表示ではありません。
普通自転車通行指定部分に関連することは、次の記事にも書いておりますので、これらを参考に法令をご確認頂ければ幸いです。
http://blog.jablaw.org/?eid=1074811
http://blog.jablaw.org/?eid=1074826

なお、道路交通法における自転車道は車道を区画して設けるものなので、歩道内に道路交通法上の自転車道は存在し得ません。
そのため、歩道内に自転車レーンのような表示があっても、自転車道の通行方法を意識する必要はありません。

コメントする

(コメントはすぐには表示に反映されません。)





トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.jablaw.org/trackback/1074837

CALENDAR

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SELECTED ENTRIES

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

RECENT COMMENTS


公益社団法人自転車道路交通法研究会 [JABLaw]

  • 公益社団法人自転車道路交通法研究会

JABLaw運営サイト

法務専門部会運営サイト

その他の関連サイト