歩道の自転車マーク表示、かくあるべし?

1週間ほど前に、新宿駅から八王子は高尾駅まで夜通し走る(自転車ではなくマラソンです。)という、名付けて「新宿→八王子ナイトラン」を行って参りました。
詳細・・・というほどでの内容はありませんが・・・は、私のチョー個人的なこちらのブログ記事をご覧ください。

>> 第2回 新宿→八王子ナイトラン

で、このとき、東八道路を通ってきたのですが、ここの歩道には、このような自転車マークの表示があるんですよね。


(平成25年12月26日撮影)

東八道路に限らず、昨今の自転車通行環境整備(笑)では、よくこのように、歩道に法定外の自転車マークをペイントするということが行われております。


歩道でのよくある自転車マークペイント

このペイントには、自転車の歩道における通行位置は歩道の中央から車道寄りの部分である旨を自転車利用者に示すという、そういった効果が期待できるかもしれませんし、実際以前行政機関何か所かにお話を伺った際も、いずれからもそのような目的で設置している旨の回答を頂いております。

ただ、歩道におけるこのようなペイントの存在は、現実には次のような大いなる誤解を与えており、デメリットが甚だしいのではないかとの、強い懸念を抱いております。
  • 自転車マークの部分が自転車専用の通路であるとの誤解
    (実際にはペイント部分も歩道であり、決して自転車専用ではない。)
  • 自転車専用の通路であるため歩行者が通行してはならないとの誤解
    (実際にはペイント部分も歩道であり、歩行者は当然に通行できる。)
  • 自転車専用通路であるため徐行義務を負わないとの誤解
    (実際にはペイント部分は純然たる歩道であり、また普通自転車専用通行帯ではない(後述)ため、歩行者の有無を問わず徐行義務を負う。)
・・・なお、少々道路交通法をご存知である方の中には、「そこは『普通自転車通行指定部分』ではないか?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、普通自転車通行指定部分は標識令[*1]で定められた様式をもって示さなければならず、また東八道路をはじめとする多くの歩道にある上例のごときペイントは法定外表示であるため、そこは普通自転車通行指定部分ではない(=純然たる歩道である)ということになります。


(参考)普通自転車通行指定部分の道路標示の様式

しかしながら、そうは言っても、やはり歩道を通行する自転車利用者に対しては、何らかの方法で歩道における自転車の通行位置を示す必要はあるでしょう。
ではどうやってそれを示せば良いか、それを考えていたところ、次のように、歩道の車道寄りではない部分は自転車の通行が禁止されているという趣旨の表示にすれば良いのではないかと、思い至りました。


歩道の自転車マーク表示かくあるべし!(案)その1

これだと、従来の表示と比べ、車道寄り部分が自転車専用であるとの誤解を与えにくくなることでしょう。

さらに次のように、歩行者はどちら側でも通れるということも表示すれば、なお良いかもしれません。


歩道の自転車マーク表示かくあるべし!(案)その2

あとは、自転車は歩道においては「歩行者がいようがいまいが必ず徐行!」をどのように伝えるかの問題もあるのですが、まぁこれは、東八道路に関して言えばこういった看板がありますので、とりあえずはこういったものなどで啓発が進めばいいなと思います。
・・・ただ実際には、その啓発はほとんど進んでないようでありますが(汗)。


(平成26年1月12日撮影)



*1 標識令
道路標識、区画線及び道路標示に関する命令

<< 改正道路交通法施行、報道されない改正点 | Main | 「自転車の法的規制と罰則の現状」執筆 >>

コメント

コメントする

(コメントはすぐには表示に反映されません。)





トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.jablaw.org/trackback/1074826

CALENDAR

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SELECTED ENTRIES

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

RECENT COMMENTS


公益社団法人自転車道路交通法研究会 [JABLaw]

  • 公益社団法人自転車道路交通法研究会

JABLaw運営サイト

法務専門部会運営サイト

その他の関連サイト