東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例案

昨今話題の「東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」、その案・・・今度はちゃんと明文化されたもの・・・がついに姿を現しました。

>> 東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例案 (PDF)

早速ざっと目を通してみましたので、ちょっと気になった点などを今回の記事では書き留めて参りたいと思います。

(関連記事)
『その利用が道路交通法等に違反する』自転車
『自転車関連事業の任意の登録制度』
謎だらけの駐輪場所確保・確認義務


■第2条(定義)

第1号 自転車

自転車の定義には、普通自転車ではない自転車も含まれていますが・・・そこまで広げていいの?(笑)

第2号 自転車道

自転車道の定義を、道路交通法のものではなく、なぜか「自転車道の整備等に関する法律」のものとして定義しております。
そのため、この条例でいうところの自転車道には、「自転車通行可の歩道」(道路交通法上は単なる歩道)もがっつり含まれることとなります。
なおこの定義は、後でご紹介する第24条に関係してきます。
(参照)自転車道の整備等に関する法律第2条第3項第2号

■第5条(自転車利用者の責務)第2項

多くの方が指摘している部分のようですが、「自転車利用者は、都が実施する自転車安全利用促進施策に協力」せよと、いきなりそんなこと言われても、ねぇ(笑)。

■第10条(自転車安全利用指針)

何でも、東京都が、自転車の安全で適正な利用に必要となる技能・知識に関する事項を指針として作成することとなるらしいです。
果たしてどんなのが出てくるか、ちょっと楽しみです(笑)。

■第14条(事業者による自転車の安全で適正な利用に係る研修の実施等)

事業者は、自転車通勤者に対し、安全教育を行うように努めなさいというもののようですが、その際には、弊JABLawをご活用ください♪

■第17条(安全な自転車の利用)第1項
■第20条(自転車点検整備指針)

何でも、東京都は、別に規則で「自転車の安全性に関する基準」やら「自転車点検整備指針」やらを定めるらしいです。
これらも、果たしてどんなのが出てくるか、ちょっと楽しみです(笑)。

■第22条(自転車整備業者による点検整備)

・・・で、自転車屋さんは、この都が定めた自転車点検整備指針を踏まえて点検整備を行うように努めなければならなくなります。
大変なことにならないといいですね。。

■第23条(違法な利用となる自転車の販売等の禁止)

マスコミネタになった部分ですが、「違反することとなることを知って自転車を販売してはならない」という表現から、まぁ自転車屋さん側の確認義務のハードルは低いと考えて良さそうですね。
なお、ベル無し自転車が「安全性に関する法令の規定に違反」するかどうかは・・・どうなんでしょうねぇ、個人的感覚ではベル無し自転車はこれに引っかからないと思いますが。。

■第24条(自転車道の整備等)

第2条第2号で定義された「自転車道」には、「自転車通行可の歩道」も含まれますので、これに関して言えば、何ともハードルの低い規定ですね(笑)。

■第30条(通勤に利用する自転車の駐車場所の確保又は確認)

これも話題になった、通勤自転車の駐輪場所確保確認義務なのですが、どのように確保・確認するかについては、別途規則で定めるとのことで、今のところ不明です。。

■第31〜36条(登録関連)

想像通りの登録制度でした(笑)。
で、その基準は、やはり別途規則で定めるということで、果たしてどんなのが出てくるか、ちょっと楽しみです(笑)。

<< 自転車安全ルート推奨マップ多摩中央署版 実走映像本編 | Main | 警察庁 道路交通法改正試案パブコメ >>

コメント

コメントする

(コメントはすぐには表示に反映されません。)





トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.jablaw.org/trackback/1074798

CALENDAR

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

SELECTED ENTRIES

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

RECENT COMMENTS


公益社団法人自転車道路交通法研究会 [JABLaw]

  • 公益社団法人自転車道路交通法研究会

JABLaw運営サイト

法務専門部会運営サイト

その他の関連サイト