傘さし運転は禁止されてるとは言えない

拝啓 梅雨の候、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
梅雨というと雨、雨というと自転車の傘さし運転が思い浮かぶことでございましょう。

ところで、タイトルを見て、「イヤホンに飽きたらず、今度は傘か!」とお嘆きの方もいらっしゃるかもしれませんが、標記のとおり、少なくともこのブログ記事を書いております平成24年6月30日の日本国は、傘さし運転が禁止されているとは言い切れない状況にありますもので、致し方ございません。

そもそも傘さし運転の禁止に関する法規定は、道路交通法第71条(運転者の遵守事項)第6号に基づき、各都道府県の公安委員会が、地域の実情により、必要に応じて定めたり定めなかったりしているものです。
そして、傘さし運転を一律禁止としている地域も多数あるのですが、一定の条件下でのみ禁止している地域や、はたまた全く禁止していない地域も存在いたします。
そのため、日本全国において自転車の傘さし運転が一律に禁止されているとは言い切れず、法律上は標記のとおりであるのが現状なのでございます。

ちなみに、本日(平成24年6月30日)時点で確認できる全国の公安委員会規則(条例)における自転車の傘さし運転規制について調べた結果は、次のとおりとなっております。(記事執筆時に計上ミスがあったため7月17日修正)

■傘さし運転一律禁止 計39か所

・傘さし運転完全禁止[*1] 5か所
 青森県、岩手県、福井県、静岡県、三重県

・やや曖昧ながら傘さし運転一律禁止[*2] 33か所
 北海道、宮城県、秋田県、福島県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、山梨県、岐阜県、滋賀県、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県


■傘さし運転条件付き禁止[*3] 8か所
 山形県、茨城県、栃木県、愛知県、京都府、広島県、長崎県、熊本県

■禁止されていない 1か所
 長野県

あと、自転車の傘さし運転というと、自転車に傘を固定する「さすべえ」が思い浮かぶかもしれませんが、三重県においては、これも明確に禁止されております。[*4]

それとそれと、「傘さし運転は安全運転義務違反になるのではないか?」という疑問を抱かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、安全運転義務違反は、「傘さし運転だから必ず安全運転義務違反になる」といった性質のものではありません。
例え傘をさしながらの運転であっても、状況に応じてハンドル・ブレーキ等の操作を適切に行える状態にあれば、安全運転義務違反とはならないのです。

なお、こういった「禁止されてない」系の情報を提供すると、「傘さし運転なる危険運転を推奨する気か!」などとちょっとズレたご意見が送られてくることがございます。
しかし、ある行為が危険かどうかと、法律で禁止されているかどうかとは、全く別の話でございます。
安全か危険かの論も大切ではございますが、法律は法律として正しく認識しておく必要があります。
むしろ、巷に氾濫している「傘さし運転は法律で禁止されている」といった類のウソ情報の方が、法治国家日本においては、自転車利用者をはじめ国民全体に著しい不利益をもたらす、害悪とした言いようのないものになります。
このへんの、法律を正しく認識することの大切さについては、別の機会に記事に致したいと思っておりますが、皆様におかれましては、法律は法律として認識して頂いた上で、交通の安全・円滑についてお考え頂ければ、まことに幸いと考えております。


この傘さし運転に関し、もう1週間前になりましょうか、とある方から、自転車推進団体による傘さし運転の解説が誤っているようだから確認されたい旨のお便りを頂きました。
それは、自転車活用推進研究会という特定非営利活動法人(NPO法人)さんの「自転車検定」なるものに登場するものだったのですが、早速「お試し検定」なるものをやってみましたところ、早くも1回目の受験(?)で出て参りました(笑)。
自転車活用推進研究会さんというと、自転車好きの方々にとってはチョー有名団体で、かつ影響力も多大であり、そういった団体がまさか自転車関連の法律について誤ったことを言うはずもあるまいと思っていたのですが・・・いや、痺れることが書かれていました(汗)。


(画像は特定非営利活動法人自転車活用推進研究会「自転車検定」から平成24年6月27日引用)

1「固定器具も長野県以外のすべての県で公安委員会の細則で禁じられています。」
 完全なウソ情報です。
 前述のとおり、固定器具が禁止されているのは、三重県のみです。
 ・・・というか、こういうことを書くのであれば、事前に全都道府県の公安委員会規則を調べてしかるべきと思うのですが、そういう基本的な確認すら怠っているのでしょうか。

2「道路交通法施行規則(普通自転車の大きさ等)」
 全く関係のない情報であり、自転車利用者を幻惑させかねないものであります。
 そもそも普通自転車の基準は、端的に言えば歩道を通行できる自転車かどうかの基準です。
 傘さし運転とは全く関係のない法規定です。
 ・・・なんで、ここで普通自転車の基準に関する条文を引用しているのか、理解に苦しみます。まさか、普通自転車に該当しない自転車は道路を通行できないと本気で思い込んでるのではないかという疑いすら起こります。

自転車に関する法規定について誤った情報を普及させれば、自転車利用者に著しい不利益が生じる恐れがあるのですが、他でもない自転車の推進を専門とされている団体さんが、そういった危険性に思い至っていないことは、まことに残念な気がしてなりません。[*5]
上にも書きましたが、法律について誤った情報を広めることは害悪に他なりませんので、この団体さんに限らず、各種団体やマスコミなど強い影響力をお持ちの方々におかれましては、法律についてよく分からないのであれば、法律には一切触れずに、マナー論・安全論に徹して頂ければと願う次第でございます。

敬具


*1 傘さし運転完全禁止
「道路において、傘をさして自転車を運転しないこと。(青森県)」などと、傘さし運転を明確に禁止している条文となっております。

*2 やや曖昧ながら傘さし運転一律禁止
「かさをさし、物をかつぎ、物を手に持つ等運転の視野を妨げ、若しくは安定を失うおそれのある方法で、大型自動二輪車、普通自動二輪車、原動機付自転車又は自転車を運転しないこと。(北海道)」などと、単なる例示なのか判然としないながらも、「安定を失う『おそれのある』方法」という文言から、おそらく一律禁止なのだろうと解釈できる条文となっております。

*3 傘さし運転条件付き禁止
「交通頻繁な道路において、傘をさして自転車を運転しないこと。(山形県)」などと、条件付きで傘さし運転を禁止している条文となっております。

*4 三重県においては、これも明確に禁止されております。
「かさをさして『(車体に固定した場合を含む。)』、自動二輪車、原動機付自転車又は自転車を運転しないこと。」と、傘を固定した状態での運転も明確に禁止している条文となっております。

*5 まことに残念な気がしてなりません。
本検定の方は有料だそうですが、カネを払って間違った知識を植え込まれてしまうことにつきましても、まことに残念な気がしてなりません。

<< JABLaw自転車交通安全ビデオ - ヒーローシリーズ第1弾完成! | Main | 最近の活動など >>

コメント

なるほど、私は傘さし運転をしないので関係ないかと思ってましたが、勉強になりました。

有料で検定をする意味もよくわかりませんが(助成金でもついたかな)
間違い探しのような論理展開をしなきゃわからないような法律っていったいなんなんでしょうね

愛知県が *1 に入っていますが、条例(URL参照)では

第七条-二
『傘をさし、又は物品を不安定な方法で携帯して交通の頻繁な道路を通行しないこと。』

となっていますので、*3 に該当するものと思われます。

Lemond様
検定の実施に関しては他団体様のことですので申し上げる立場にございませんが、法律の「間違い探し」については、自転車は車体そのものも用い方も実に様々であることが、規制が複雑になりがちな一因かなと感じております。

通りすがりの者様
計上ミスをご指摘頂きありがとうございました。該当部分を修正させて頂きました。

サスベエみたいな固定具を使用したときって、積載物に当たらないのでしょうか
積載物ということなら、傘を開いたら殆どの場合積載制限に引っかかるように思えるのですが。

通りすがり様
固定した傘が積載物に該当するかどうかについては人により見解が分かれると思いますが、個人的には、積載物すなわち荷物とするより、オープンカーのオプション品のハードトップと同様、車体の一部を構成し屋根という役割を果たすパーツとする方が自然ではないかと考えております。
なおこの場合でも、幅が60cmを越えるなど普通自転車の基準外となるならば、歩道通行など普通自転車にのみ認められた通行は一切できないこととなります。

レジャーハットみたいな小型の傘を、帽子の様に直接頭にかぶる場合は、どうなるのでしょうか?
最近、日傘代わりに重宝しております。

横から失礼します。
どこの条例も、帽子のようにかぶること自体を禁止している条文にはなってないので、基本的にはOKと思いますよ。
ただ、視界が妨げられるようなやつだとアウトでしょうが。

コメントする

(コメントはすぐには表示に反映されません。)





トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.jablaw.org/trackback/1074771

CALENDAR

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

SELECTED ENTRIES

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

RECENT COMMENTS


公益社団法人自転車道路交通法研究会 [JABLaw]

  • 公益社団法人自転車道路交通法研究会

JABLaw運営サイト

法務専門部会運営サイト

その他の関連サイト