自転車道は通らなくても良い

ここ何回か、「自転車横断帯は通らなくても良い」なる記事を皮切りに始めた道路交通法第63条の7第1項の自転車横断帯通行義務シリーズを書いて参りましたが、今回は一休みして、ちょっと似たタイトルで、「自転車道は通らなくても良い」と題して書いていってみたいと思います。


タイトルを見て「まさか!」と驚かれた方もいらっしゃることでしょう。
はい、お見込みのとおり、道路に、道路交通法上の自転車道が設けられている場合には、普通自転車は、その自転車道を通らなければなりません。(道路交通法第63条の3[*1])
ではなぜ「自転車道は通らなくても良い」などと言うのか。

道路交通法において、自転車道は、次のように定義されております。(道路交通法第2条第1項第3号の3)
--------------------
自転車の通行の用に供するため縁石線又はさくその他これに類する工作物によつて区画された車道の部分をいう。
--------------------
そのため、車道を区画することによって設置されたものであって、始点・中継点・終点がいずれも車道と一体化している[*2]ものでなければ、それは道路交通法上の自転車道とは言えません。
しかし、実際に目にする自転車道は、歩道を区画することにより設けられ、又は歩道と一体化しています。(多くの場合、その両方です。)
これではとても道路交通法上の自転車道とは呼べません。

このことについては、天下の国土交通省の資料にも、次のような説明が記載されております。
--------------------
自転車の通行の用に供するため縁石線又はさくその他これに類する工作物によって区画された車道の部分をいう。
したがって、車道上に単に道路鋲または区画線を設けて自転車通行帯を区分しているものは、自転車道とは言えない。
また、従来、歩道とされていた部分を縁石線さく等の工作物により区画した自転車通行帯については、車道上に設けられたものではないので、自転車道とは言えない。
(第6回都市交通・市街地整備小委員会参考資料「自転車等に関する法令等の規定」から引用)
--------------------
この説明の趣旨からも、歩道に設けられた自転車道や、歩道と一体化した自転車道は、道路交通法上の自転車道とは呼べないことは明らかです。

・自転車道の多くは、歩道に設けられ、又は歩道と一体化している。
   ↓
・そのため多くの自転車道は、道路交通法上の自転車道に該当しない。
   ↓
・道路交通法上の自転車道でない以上、道路交通法第63条の3に基づく自転車道通行義務を負わない。


ここで、「この話、前にも読んだことあるぞ」とお感じになられた方もいらっしゃることでしょう。
はい、お見込みのとおり、このことは、以前このブログで記事に書いたことがございます。

(以前書いた記事)
>> そこは(道路交通法上の)自転車道じゃないかもしれない

ではなぜ、今さらこんな記事を書くのか。
数年前に行われた「自転車通行環境整備モデル事業」により、全国各地に自転車道が設けられましたことは、皆様ご存じのことと思います。
で、これらの自転車道について、ふと、果たして一つでも道路交通法上の自転車道と断言できるものはあるだろうかと興味が湧きましたもので、今般、行政の報道資料により、平成21年度末整備済自転車道全35箇所を一通り確認してみました。
その結果・・・道路交通法上の自転車道と断言できるものは、一つもありませんでした[*3](汗)。
鳴り物入りで実施された自転車通行環境整備モデル事業によって整備された自転車道ですら、道路交通法の規定に合致するものは、どうやらゼロの模様。
であれば、道路交通法上の自転車道は皆無と言っても過言ではない。
「自転車道は通らなくても良い」と断言しても差し支えないのが、日本国の自転車道整備の現状なのだなと感じたものでして、今回改めて自転車道の通行に関する記事を書かせて頂きました次第です。

なお、モデル事業で整備された自転車道の確認は、今回はあくまで行政の報道資料のみによるものですので、「いやそんなことはない、車道に設けられていて道路交通法上の自転車道と言えるものはちゃんと存在するぞ」という情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、コメント欄にでもお知らせ頂ければまことに幸いでございます。



ところでですが、道路交通法上の自転車道に該当しないとなると、果たしてそこは何なのかという疑問が生じます。
道路交通法上の自転車道に該当しないということは、そもそもそこは車道ではない、車道ではないということは歩道である・・・という解釈も成り立つ余地があります[*4]。
ということは、この自転車道らしき通路を道路交通法上の自転車道であると誤認して、徐行を越えるスピードで通行すれば、道路交通法第63条の4第2項違反となる恐れがある[*5]とも考えることができます。
いやはや・・・。



*1 道路交通法第63条の3
車体の大きさ及び構造が内閣府令で定める基準に適合する二輪又は三輪の自転車で、他の車両を牽引していないもの(以下この節において「普通自転車」という。)は、自転車道が設けられている道路においては、自転車道以外の車道を横断する場 合及び道路の状況その他の事情によりやむを得ない場合を除き、自転車道を通行しなければならない。

*2 始点・中継点・終点がいずれも車道と一体化している
車道通行自転車が、車道からそのまま自転車道の始点に進入でき、交差点等及びその前後などにおける中継点においても車道を通行し続けることができ、かつ終点からそのまま車道に離脱できる、ということです。

*3 一つもありませんでした
本文にも書きましたが、あくまで行政の報道資料による確認結果ですので、いやそんなことはないという情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、コメント欄にでもお知らせ頂ければまことに幸いでございます。

*4 余地があります
あくまで、「余地があります」という程度ですが・・・。

*5 道路交通法第63条の4第2項違反となる恐れがある
あくまで、理屈上そういう恐れも考えられるという程度の話です。
現実には、取り締まりを受けることはまずないでしょう。
何しろ、現状でも自転車通行可の規制がなされていない歩道を徐行を越えるスピードで走行する自転車が野放し状態ですから・・・。

<< [自転車横断帯No.03] 『付近』か否か、自己判断のポイント2点 | Main | 実戦!道路交通法規サバイバル >>

コメント

ところで、真の意味での自転車道がある場合、ミラーを取り付けたことによって横幅が60cmを超えている自転車は、その自転車道を通らなくてもいいのでしょうか。
その場合は交差点進入禁止もスルーでいいのでしょうか。
それとも、ミラーは自転車の寸法には含まれないのでしょうか。
何だか原付の書類チューンのような話になりますが、もしこの手が使えるとしたら(歩道を徐行で通行することが出来ないことを差し引いても)かなり有益な気がします。

山様

道路交通法施行規則第9条の2(普通自転車の大きさ等)で言うところの『幅』とは、「全幅員」と解されているようです。
そのため、ミラーを取り付けたことによって横幅が60cmを超えている自転車につきましては、普通自転車に該当しないと解することができるものと考えております。
また、「真の意味での」自転車道の通行義務は、普通自転車に該当する二輪または三輪の自転車を運転する場合にしか負いませんので、ミラーを取り付け全幅員60cm以上となった自転車を運転するならば、自転車道を通行せずとも違法とはならないものと考えます。

なお、普通自転車に該当しない自転車を運転する場合には、道路標識にちょっと注意が必要となります。
例えば、よく一方通行規制の道路標識に「自転車を除く」などと書かれた補助標識が付いてますが、これは厳密に言えば「『普通自転車を』除く」を意味しますので、この場合、普通自転車以外の自転車は一方通行規制を受けることとなります。(道路標識、区画線及び道路標示に関する命令別表第2備考1(6))

あと、地域によっては、自転車に何らかの物を装備することを「積載に該当する」と超拡大解釈している警察当局があったりしますので、ミラーのサイズによっては、因縁を付けられる恐れがあるかもしれません。(幅が左右15cmずつ増すような自転車用ミラーはおそらく無いでしょうから、心配する必要もないでしょうが。)

コメントする

(コメントはすぐには表示に反映されません。)





トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.jablaw.org/trackback/1074761

意図的で悪質な幅寄せにあいました【動画】 復活!ロードバイク

CALENDAR

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

SELECTED ENTRIES

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

RECENT COMMENTS


公益社団法人自転車道路交通法研究会 [JABLaw]

  • 公益社団法人自転車道路交通法研究会

JABLaw運営サイト

法務専門部会運営サイト

その他の関連サイト