「自転車の車道通行は危険。だから・・・」に続く文章

さて、昨日警察庁から発簡された通達「良好な自転車交通秩序の実現のための総合対策の推進について(PDF)」ですが、この内容についてきちんと書こうとすると5時間くらいかかりそうなので、今回は、これに関連しつつもちょっと違う話題を・・・。


本日、この通達の件が割と広く報道されたようでございまして、様々な方がこの通達のキモの部分である「自転車の車道通行」に関することを話題にされているようですが、それらの中では、「自転車の車道通行は危険だ」という趣旨のものが比較的多数のように見受けられます。
私の個人的な感覚では、自転車で車道を通行することに特段の危険[*1]はありませんが、世の中に危険要素がゼロということはあり得ませんので、そういう意味では危険かもしれません。
何しろ、私が今こうして事務所の中に閉じこもってブログを書いている最中にも、ひょっとしたら隕石がJABLaw目がけて落ちてくるかもしれません。その危険性がゼロであるとは決して言い切れません。
いやはや、そう考えますと、この世の中は実に危険に満ちあふれております。自転車の車道通行も例外ではないでしょう。

では、自転車の車道通行によりどのような危険が生じるのか。
この危険性について話題にされる方の多くは、車道における自転車と自動車との交通事故が増えることを懸念されているようです。
確かに、交通事故発生の危険性は一定割合で存在しますでしょうから、これまで歩道通行していた自転車が車道を通行するようになると、これまでの歩道上や横断歩道等上での事故にかわり、車道上での事故が起こる可能性が高まるでしょう。
道路全体で見ると、事故が起こる場所が変わるだけの話のようにも思えるのですが、車道にだけ目を向け道路のその他の部分を無視すれば、確かに車道における事故が増えることとなるかもしれません。

では、その危険を局限するには、どうしたらいいのか。
これについては、10人いれば10通り、とまではいかなくても、6通りくらいの意見がありそうなものです。
しかし大半の方はこうおっしゃっているようです。

「・・・だから自転車は歩道を通れ。」

実に不思議です。
「・・・だから自動車は自転車との事故を起こさないように運転しよう。」
とか、
「・・・だから路上駐車をしないようにしよう。」
とか、
「・・・だから自動車を減らそう。」
みたいな意見も、自転車の車道通行は危険と考える方々の中にそれなりの割合であって良さそうな気もするのですが・・・私がざっと耳にした限り[*2]、ものすごく少数なんですよね。

うーん、どうやら多数の日本国民は、道路交通法第63条の4制定の弊害にいまだどっぷり漬かりきっているようでございます。



*1 特段の危険
日常の程度を特に越えるような危険はないということであり、通常程度の注意を払えば危険を回避し得るということです。要は「危険という程ではない」ということです。
(関連記事「それでも車道を走れと言う私」)

*2 ざっと耳にした限り
あくまで「ざっと」というレベルですので、ご了承ください。

<< 警察庁の自転車交通総合対策とJABLawの活動 | Main | テレビと新聞の取材を受けました。(おまけ付き) >>

コメント

「・・・だから自動車は自転車との事故を起こさないように運転しよう。」
とか、
「・・・だから路上駐車をしないようにしよう。」
とか、
「・・・だから自動車を減らそう。」

まさに、そうなんですよね、これです。なぜこういった、健全で交通弱者を保護、思いやるセリフがでてこないのか。日本のドライバーの未熟さを痛感します。自動車ドライバーへの指導啓蒙、規制、取り締まり、罰則強化、として自転車専用レーン整備を急ピッチで進めてほしいです。なぜ、先進諸国には普通にある自転車専用レーンが、日本にだけこれほどまでに整備されていないのか、極めておかしい状況にあると言えるでしょう。

趣旨全く同意です。長年にわたって車道を自動車だけが占拠してきたためにこういった意識になってきたと思うので、自転車を車道に降ろした後の啓蒙が重要なんだと思います。

私が不思議なのは「車道の自転車が邪魔」という意見です。こういった意見をよく見聞きするのですが、自動車にとって本当に邪魔なのは、ほかの自動車でしょう。自転車はちょっとタイミングを見て抜けばよいだけですから。頻度的にも、物理的にも、たとえば駐車車両のほうが邪魔でしょう。

自動車乗りは自動車が車道の王様ぐらいに思っていて、平民(奴隷かも)である自転車は蹴散らしてもよいぐらいに思ってるんじゃないですかね。

佐藤様
seasun1993様

ご同意いただきありがとうございます。
いかに交通の安全と円滑を確保するかについては、様々な意見があって良いと思うのですが、自転車本来の通行方法を端から否定するような意見が大勢を占める状況は、ちょっと異様に感じた次第でございます。

サイクリングイベントである「ツール・ド・ちば」で、ママチャリや自転車初心者を含め、相当数の自転車が車道を通行するそばを自動車で走行した経験から申しましても、ごく普通に運転していれば、特段に危険でも邪魔でもないのですがね(笑)。

ふざけるな。どう考えても自転車VS歩行者の事故の方が軽傷で済みますよね。自動車VS自転車なら、重症から死亡事故は当たり前。それでなくても自転車は、免許もってない馬鹿が多い上、中学生や高校生などの子供も多くなってきます。


しかも人とすれ違って危険な時は、速度を落とす・降りる・降りて押す、等の選択肢がありますよね、自転車の場合。
私は学生時代(自転車通勤時代)は、実際そうしてたので。
なぜその手間を省き、間違いなく重症化する車道に堂々と大顔して出てこれるのか意味がわかりません。

車で走っているとき、自転車見るとゥザーッと思います。
誰も人なんかひきたくないので、無意識に右寄りに走ります。
自転車は馬鹿なので、いつ車道を横切るかわかりません。
ペースが乱れてふらつきますし、対向車が怖いです。

自転車で走って危険を感じた事ないそうですが、
間違いなく車側が基本の左寄り運転をやめ、右寄りに走ってくれてるせいですよ。
自転車一台ならまだいいけど、これが連なりでもしてたら地獄ですね。更に対向車に、大きなトラックなどと、すれ違いが重なったら?そういう危険があることを想定して走ってますか?

これに雨が重なったら。水溜りができてたら?
自転車に大量の荷物を乗せていた場合は?車道は右と左がありますが、全ての自転車が左側走行を守っていないと、車道で正面鉢合わせになります。

どれだけの自転車が、交差点での巻き込み事故を想定し、
車の真横にはつかない、車の切れ目を狙って曲がる、突然方向転換をしてはならないと、意識してるでしょうか。(バイクの人は当然習ってると思います。)


自転車が車両だから車道を走るのだ、というなら、自転車全てウインカーを出せるようにし、警察が取り締まれるよう免許制にして欲しいです。
止まるべき所で必ず止まる、左右確認する、左右の合図を出す、縁石寄り、白線外にぶれない走行、危険認知、危険察知、スピード出しすぎ、大量の荷物を乗せない、ぶれて走ったり、ヘルメットを怠ったり、危険な服装で走った時点で、轢かれても仕方がないと認識する。信号を守る。標識を認識し、利用できる。車両事故の保険に入る。


自転車乗りって、「自転車に乗ってマース!歩行者保護、自動車に気を使うってなんですか?
相手が自転車に気を使うべきですよね^^!自動車は偉そうです!初心者皆で車道連続走行したことあるけど、危険なんか一度も感じたことがありません!」
ってザ・馬鹿代表みたいなのしかいないんでしょうか。たいていこんな感じなんですが。(そして大抵学生や主婦でなく、自転車がシュミデース系。)



私としては、どうせ自転車免許制なんてずーっと先のことだから、自転車は歩道を走り、歩行者保護を徹底させ、危険なスレチガイが発生するときは、降りろ。押して歩け。という結論です。

管理人さん、
なんかDQNなやつのコメントを表示されてますが、曝すようでものすごく可哀想じゃありませんか?
それにしても、いまだにこういう人種がいるんですねw

タカハシ様

当該コメントの公開は、ある種の思想をお持ちの方によるお言葉をご紹介することにより、自転車の安全、適法、円滑な交通について多方面から考察する資となれば思い、致しました次第です。
確かに、「ふざけんな」から書き始めるような方のコメントを公開することは、見方によっては晒し者にするかの行為に映るかもしれませんが、そのような意図は一切ございませんので、ご理解頂ければ幸いと存じます。

Adminくんさん、つまらない質問に答えていただきありがとうございます。
上のコメントは突っ込み所が多すぎるので、また改めてお邪魔します。

自動車に頼り切ってるようなやつの中には、こういう危険思想のやつもいるってことですね。
こういうやつは、自動車の運転に不適格なんだから、免許取り上げればいいのにって思います。

>自転車VS歩行者の事故の方が軽傷で済みますよね

冒頭から、自転車が歩行者死亡事故を起こしていることすら知らない無知コメントですね。

>自転車は、免許もってない馬鹿が多い

A氏の言葉を借りれば、自動車は、免許持っていてすらルール違反オンパレードの馬鹿が多いですね。

>間違いなく重症化する車道に堂々と大顔して出てこれるのか意味がわかりません。

歩道を通っている自転車がクルマに惹かれて死傷する事故が多いことを知らない無知コメントですね。

>対向車が怖いです。

だったらおとなしく自転車の後ろを追走すればいい話なんですがね。

>間違いなく車側が基本の左寄り運転をやめ、右寄りに走ってくれてるせいですよ。

「左寄り通行」の意味を知らない無知コメントですね。
それに、自転車との安全間隔を保つのは自動車側の義務ですよ。自動車側の義務ですよ。

>更に対向車に、大きなトラックなどと、すれ違いが重なったら?

だから、だったらおとなしく自転車の後ろを追走すればいい話なんですがね。

>全ての自転車が左側走行を守っていないと、車道で正面鉢合わせになります。

論点すり替えは姑息な手段ですよw

>自転車が車両だから車道を走るのだ、というなら、自転車全てウインカーを出せるようにし

この理論で言えば、リヤカーとか人力車はもとより、牛や馬、そしてあらゆる軽車両にもウィンカーを付けるよう法整備しなけれならない話になるが、そういったことにすら考えが及ばないとは…A氏の言葉を借りれば、やはりクルマに頼ってるような者は馬鹿が多いですね。

>警察が取り締まれるよう

自転車にも罰則があるので、現行制度で取り締まり可能である、ということを知らない無知コメントですね。

>轢かれても仕方がないと認識する

これには、「轢きたい」という考えで書いているのが見え見えですね。こんな危険思想の輩からは、103条1項8号を適用して運転免許を剥奪すべきですね。

>ザ・馬鹿代表みたいなのしかいないんでしょうか

A氏のコメントを読む限り、A氏の言葉を借りて言えば、クルマに頼ってばかりのやつはザ・馬鹿代表みたいなのしかいませんね。

>自転車は歩道を走り

自転車が歩道を「走って」はならないことを知らない無知コメントですね。

結論:クルマに頼ってばかりのやつがA氏のような考えを持っているとすれば、そういうやつは、A氏の言葉を借りて言えば、馬鹿でありザ・馬鹿代表である。

私は免許を持っていない自転車利用者なので、自転車寄りの考えになってしまいますが、自転車用レーンなどの整備が進まない内から罰則だけを設けるのはどうかと思います。危険な運転をする自転車利用者がたくさん居ることは勿論理解しています。しかし、車道の真ん中近くまで出てくる自転車がいると言われますが、それはいつまで経っても路上駐車をやめられない自動車利用者のせいでもあることを忘れないで欲しいです。今のような状態では自転車用レーンが全国でしっかり整備されても、路上駐車の為のスペースになってしまいそうですね。自転車がとか自動車がとかではなく、どちらの利用者も安全・便利に交通できるようになって欲しいですね。

タカハシさまの反論、その通りだと思います。
私は自転車は、もう乗らなくなって何年にもなります。一方で、毎日車を運転しています。
然し乍ら、法律通りに車を動かしていると、クラクションを鳴らされること、煽られること、ときには危険なめにあうことが屢々です。

ドライバーから見て車道上の自転車が「邪魔」なのはそれはそれとして気持ちは分かります。また、非常に危険(違法)な自転車がいるのも事実です。

ただ、それを含めて保護(交通弱者を保護)する義務はドライバー側に課せられているわけですし、その責任を引き受けて免許を与えられていることを考えれば、車側の意識改革がまず第一になされなければならないのは明白です。

タカハシさまの言のとおり、車側の無知とそれに胡座をかいた現状には憤りを覚えることが多いです。

それでも、少しずつ、ほんの少しずつですが、ドライバーの意識が変わってきたように見える運転を目にすると、希望を感じます。
いつかは、世界に冠たる安全な交通空間になることを夢見つつ。

ツイッター検索でなんとなくこちらに流れてきて読ませて頂きました。
記事の内容凄く勉強になりました。

A氏の書き込みは一般社会で蔓延している典型的な意見に感じました。
口調や各所の暴論はさておき、簡単に否定できない部分も多く含んでいるように思いました。


>自転車VS歩行者の事故の方が軽傷で済みますよね

冒頭から、自転車が歩行者死亡事故を起こしていることすら知らない無知コメントですね。

圧倒的に自転車vs歩行者の事故は軽傷が多く、自転車と歩行者は死亡事故は起こしていますが圧倒的少数ですし、自転車・歩行者の死亡事故など年間0件の年すらあるのではないでしょうか?
自分が自転車・歩行者の重大事故は社会として無視すべきだという主張を持っているからかもしれませんが、無知と言うには軽率だと感じました。


A氏の

自転車乗りって、「自転車に乗ってマース!歩行者保護、自動車に気を使うってなんですか?
相手が自転車に気を使うべきですよね^^!自動車は偉そうです!初心者皆で車道連続走行したことあるけど、危険なんか一度も感じたことがありません!」
ってザ・馬鹿代表みたいなのしかいないんでしょうか。たいていこんな感じなんですが。(そして大抵学生や主婦でなく、自転車がシュミデース系。)


この発言、口調や細かい点はおいといて、特に最後の()内を否定できますでしょうか?

なるほど。これが車脳かと思い知らされた。

墓参りで人間5人いるのに、軽自動車でやってきた姉(50)。当然乗車定員オーバーで違法なのだが、「空気読め。お前のわがままなど効く必要はない」と言われました。

挙句の果てに、車道左端を走る自転車に対して、危ない!自転車のわがままのせいで自動車が危険にさらされているとまで言い出した。

身内ながら、もう二度と顔も見たくない

管理者の承認待ちコメントです。

管理者の承認待ちコメントです。

管理者の承認待ちコメントです。

コメントする

(コメントはすぐには表示に反映されません。)





トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.jablaw.org/trackback/1074741

CALENDAR

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SELECTED ENTRIES

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

RECENT COMMENTS


公益社団法人自転車道路交通法研究会 [JABLaw]

  • 公益社団法人自転車道路交通法研究会

JABLaw運営サイト

法務専門部会運営サイト

その他の関連サイト