自転車横断帯は通らなくても良い・・・という記事を書きたい

「記事を書きたい」という記事も何だか変ですが・・・。

実は、1年ほど前から、次のようなことを研究(?)致しておりました。


 車道を通行する自転車は、
 交差点の辺り[*1]に設けられた自転車横断帯を、
 通行する義務はあるのか?


おそらくこの問題は、普段から車道を通行している自転車利用者の多くが疑問に感じていらっしゃることでしょう。

交差点における自転車横断帯通行義務は、道路交通法第63条の7第1項において、次のように定められております。
--------------------
(交差点における自転車の通行方法)
第63条の7 自転車は、前条に規定するもののほか交差点を通行しようとする場合において、当該交差点又はその付近に自転車横断帯があるときは、第17条第4項並びに第34条第1項及び第3項の規定にかかわらず、当該自転車横断帯を進行しなければならない。
--------------------
そしてこの規定は、守ればかえって危ないということで「悪法だ!」と非難の的とされております。

しかし私は、「いや・・・この規定のままで、自転車横断帯を通らずとも済むのではないか?」と、疑問に感じたわけでございます。
そして、様々な文献をあさり、実際の自転車横断帯設置状況を観察し、昨年末頃、次の結論に至りました。


 交差点の辺り[*1]に設けられた自転車横断帯は、
 その多くが[*2]、
 車道通行自転車に対し、
 通行義務の効力を有しない。


おお! 車道を通行する自転車利用者にとっては、朗報ではございませんか!
・・・しかし、疑問と回答とで、何だか少し表現が異なってますね(笑)。


細かいことはともかくとして、せっかく良い結論に至ったことですし、この吉報を記事にせねばと考えておるところではございますが・・・どう書けばすっきり分かりやすいものとなるかに、思案しているところでございまして・・・なかなか筆が進まない状況にございます(汗)。
ただ、うだうだと考えているだけでは埒があきませんので、自分を奮起させるために、本日こうして「記事を書きたい」なる記事を書いた次第でございます(笑)。
そうは言いつつも、本当に書き始めるのは一体いつになることやら、何とも言えないところでございますが・・・。


ちなみに、本件は道路交通法関連の事項のように思われるかもしれませんが、実際のところは道路交通行政の問題でありますので、カテゴリーは「行政施策」に致しました。
まぁ、要は行政による自転車横断帯の設置がアレなので、通行義務が生じないことになってしまっている・・・という話なわけでございまして(笑)。
--------------------
カテゴリーは、分かりやすいように、「自転車横断帯」というものを新設しました。(2012.1.12)
--------------------



*1 の辺り
道路交通法第63条の7第1項にある「付近」とは異なります。
どう異なるかを説明し出すと、長くなりますので、詳細は後の記事にて・・・。

*2 その多くが
世の中には、車道通行自転車に対しちゃんと通行義務の効力を有する自転車横断帯も存在します。

<< 自転車ダイエット 1年10か月目の成果 | Main | [自転車横断帯No.00] 単なる横断なら自転車横断帯を通りましょう >>

コメント

コメントする

(コメントはすぐには表示に反映されません。)





トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.jablaw.org/trackback/1074693

CALENDAR

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

SELECTED ENTRIES

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

RECENT COMMENTS


公益社団法人自転車道路交通法研究会 [JABLaw]

  • 公益社団法人自転車道路交通法研究会

JABLaw運営サイト

法務専門部会運営サイト

その他の関連サイト