役員増員計画? - 定款変更 -

先般開催致しましたJABLaw定時社員総会にて、JABLawの定款を変更致しました。
変更内容は何か所かある[*1]のですが、その中で最も大きな変更が、役員の人数の上限を廃止したことでございます。

実はこれまでのJABLaw定款、役員の人数は、理事3名・監事1名と、公益法人の最低限の人数に固定でありました。
・・・まぁ、特に理由があってそうしたわけではないのですが(笑)。

ですがこの状態ですと、いざ役員増員を要することとなった場合には、役員選任議案に先立ち、定款における役員定数変更のための特別決議を行わなければなりません。
まぁ設立時社員でもあり当法人のすべてを知り尽くしている私が代表である間はいいでしょうが、代替わりした際には、後任者が「うげ!なんじゃこの定款」と驚いてしまうことは必至。
であれば、気付いた時点で直しておいた方がいいかなと、今般の定款変更に至った次第でございます。


ちなみに私、まだ腹案レベルではございますが、理事の人数についてはいずれ増やしていきたいなと思っております。
現在は、理事は東京都と千葉県にしかいないため、活動もどうしても東京と千葉に偏ってしまっておりますが、せっかく行政庁が内閣府の公益法人ですので、徐々に全国に広げていきたいところです。
その場合、道路交通に関することはけっこう地域性もございますことから、少なくとも活動を行う都道府県に一人は理事がいた方が、その地域独特の事情を活動に反映させることができて、良いのではないかなと考えるものであります。
というわけで、ずいぶん先の話にはなりそうですが、日本全国津々浦々にJABLaw理事を配備するみたいな体制になればなぁなどと、現段階ではほとんど妄想ですが、そんなことを思料致している今日この頃です。


なお、もしもの話ではありますが、もし今後理事を増員するとしたら、まずはどこに配備する(というか、どこにお住まいの方を理事に選任する)のが良いものでしょうか。
私の好みから申しますと、現在は東京都と千葉県ですので、このどちらか又は両方と地続きな所が、基盤作り手いう面でも有利であり、いいのではないかと思うところでございます。。
そうすると、考えられるのは神奈川県、山梨県、埼玉県、そして茨城県ということになりますが・・・うーん、どこも魅力的[*2]だ。これは迷います。
ここは、まずは長大な海岸線を確保するために茨城にするか、手堅く東京湾を固めるために神奈川にするか、それとも・・・


・・・といいますか、それ以前に理事に就任して下さる方がいらっしゃらないとどうにもなりませんので、まさに捕らぬ狸の何とやらなのですがね(笑)。



*1 変更内容は何か所かある
役員増員を可能にした意外の部分は、単に表現がちょっと変だったのを直しただけです・・・。

*2 どこも魅力的
いつのまにか、自転車遊びにいく場所をどこにしようかと考えはじめておりました。

<< 自転車専用通行帯は何のため@旧玉川水道道路の自転車レーン | Main | ツール・ド・ちば 2010出走 with 冒険野郎Bチーム >>

コメント

コメントする

(コメントはすぐには表示に反映されません。)





トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.jablaw.org/trackback/1067450

CALENDAR

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

SELECTED ENTRIES

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

RECENT COMMENTS


公益社団法人自転車道路交通法研究会 [JABLaw]

  • 公益社団法人自転車道路交通法研究会

JABLaw運営サイト

法務専門部会運営サイト

その他の関連サイト