前後ディレーラー調整

最近・・・というか、もう数か月(笑)もなのですが、ロードバイクのディレーラーの調子がイマイチな感じがしておりまして、本日、思い切って自分で調整してみました。


まずはフロントディレーラー。
フロントディレーラーを自分でいじることには、以前の記事にも書きましたとおりトラウマがございまして、私にとってなかなか勇気(!)がいることなのですが、まぁいざとなったら近所の自転車屋に泣きながら駆け込めばいいかと、マニュアル片手にいじり始めた次第です。

ちなみに、症状はアウター×トップにてチェーンとディレーラーが干渉するというもので、これはトップ側調整ボルトを緩める方向に回していけば直るらしいです。
で、おそるおそる回していきますと・・・なかなか干渉が直らない。そしてどんどん回していきますと・・・あれれ、ボルトが外れちゃいました(汗)。(でもまだ干渉してる・・・。)

どうやらこれは、ワイヤーの張りを直さないといけなさそうな気がしてきました。
そこで、ワイヤーのアジャストボルトを張る方向に回していくが・・・それでも直らない。
ついに、「このアジャストボルト、本当に働いてるの?」との疑問を感じ、試しにフロントをインナーに落としてみたら・・・落ちない! うーん、どうもちゃんとワイヤーを張ってくれてたみたいです。ここはとりあえず、ワイヤーの張りをインナーに落ちる程度まで緩めるか・・・。

そして、現在の調子を確認しようと、フロントを再びアウターに入れようとしたら、おっと! 今度はアウターに入りません。
うーん、だんだんドツボにはまってきたようです。
かつて泣きながら自転車屋にかけこむこととなってしまった状況が脳裏に浮かんで参ります。

しかしこのままじゃぁどうしようもない、ここはひとつ思い切ってワイヤーを一旦フロントディレーラーから外して付け直してみることにしました。
これでダメでも、また泣きながら自転車屋にかけこめば、プロが直してくれる。

すると・・・割と難なく、フロントディレーラーは元通りになってくれました。
いやぁ、良かった良かった。
ちなみに、アウター×トップで干渉する件もきちんと元通りになってくれましたので、結局のところメンテナンスにはなってないのですが、まぁトップギヤはめったに使うこともないので、今回はいいことにしておこう。


次にリアディレーラー。
こちらの症状は、真ん中へんのギヤにチェーンがうまく入らないというものなのですが、SISの調整で割と難なく直りました。
いやぁ、スムーズに直って何ともめでたいことでございます。


ちなみに作業完了後は、「試走」と称し、お馴染みの和田峠に行って参りました(笑)。
うーん、今年の和田峠もキツいです!

<< Team JABLaw ひの新撰組まつりを見に行こうサイクリング | Main | 片側自転車道は諸刃の剣 - 茨城県初の国道自転車道 - >>

コメント

コメントする

(コメントはすぐには表示に反映されません。)





トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.jablaw.org/trackback/1037103

CALENDAR

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

SELECTED ENTRIES

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

RECENT COMMENTS


公益社団法人自転車道路交通法研究会 [JABLaw]

  • 公益社団法人自転車道路交通法研究会

JABLaw運営サイト

法務専門部会運営サイト

その他の関連サイト